もとす北方眼科の近視抑制|岐阜県本巣郡北方町の眼科

〒501-0426 岐阜県本巣郡北方町東加茂3丁目15番

近視抑制 MYOPIA

近視抑制について

近視抑制治療で未来の視力をサポート

近視抑制は、進行する近視を遅らせる治療法の一つです。特定の治療法や視力訓練を通じて、近視の進行をコントロールし、その進行スピードを抑制することを目指しています。子供から成人まで、眼科医の指導の下でさまざまな手法が利用され、特に成長期のお子さんにおいて近視の進行を遅らせることが重要視されています。視力の定期的なチェックと診察を通じて、近視抑制治療法の効果的な適用を検討しましょう。

CONSULTATION こんな場合はご相談ください

  • 子どもの視力が急速に悪化している
  • 遠くのものが見えにくい
  • 近くのものを見る際に目を凝らす感覚がある
  • 眼が疲れやすい、頭痛がする
  • 近視の進行が気になる
  • 視力が落ちるスピードが速い
  • 近視が家族に遺伝的に多い
  • 定期的な視力検査で変化が見られる

近視のリスク

「近視は将来的に網膜剥離のリスクが増加するほか、緑内障や近視に伴う新生血管の発生など、視覚に関する重要なリスクが上昇します。これらの合併症から身を守るためには、定期的な眼科検査が欠かせません。早期発見と適切な対策が、将来の視力の維持につながります。ご自身の視力に関するお悩みや疑問があれば、お気軽にご相談ください。

治療方法

近視の
治療

オルソケラトロジー

寝ている間に特殊なコンタクトレンズをつけて角膜の形を変化させ、近視を矯正する治療です。矯正した視力は一定時間持続するため、起きている間は裸眼で生活できます。学童期のお子さんが装用することによって、近視の進行を抑える効果があることもわかっています。

Pick up point!
  • 角膜を精密に計測して、目の状態に合ったものを処方します。
  • 強度の近視には効果がなく、軽度近視や抑制効果のあるお子さんに限られます。
  • 使用を中止すると、徐々に元の角膜の状態に戻ります。

近視の
治療

マイオピン
(低濃度アトロピン治療)

小児期の近視の進行を抑えるための点眼薬です。シンガポール国立眼科センターの研究に基づいて開発されました。子どもの近視は眼球が楕円形に変形する(眼軸長が伸びる)ことでピントがずれてしまうケースが多くあります。この眼軸長の伸びを抑える成分が含まれています。

Pick up point!
  • 近視を進みにくくするもので、視力を回復する治療ではありません。
  • 保険適用外のため保険診療と同じ日に行うことができません。
  • この点眼薬によるアレルギーなどへの治療も自由診療となります。

費用

料金表

オルソケラトロジー 適応検査・診察代:5,000円
片眼レンズ保証金:15,000円
両眼レンズ保証金:30,000円
片眼治療費:60,000円
両眼治療費:120,000円
定期検査・診察代:5,000円/回
マイオピン0.01% 検査・診察代:1,500円
1本:3,300円
マイオピン0.025% 検査・診察代:1,500円
1本:3,850円

※価格は税込みです。

お支払方法

もとす北方眼科では、
下記のお支払方法が可能です。

現金
現金でのお支払い
クレジットカード
※自費診療のみ
VISA/JCB/Mastercard/など
電子決済
※自費診療のみ
各種対応

注意点・リスク・副作用

・ハロー・グレア現象が起こる場合がありますので、見えかたなどで違和感を持った場合はすぐにご相談ください。
・治療後しばらくは視力が安定しない可能性がありますが、次第に安定してきますのでご安心ください。